夜に恐怖を覚える主人公。

「夜って何のためにあるの?」
自然の摂理に反抗する。

そんな彼女が夜を好きになるのは

「ある人」と出会ってからになる。

それはもう少し先のお話。

あらすじ

ある日をきっかけに夜が嫌いになった少女

夜に出歩くことは出来ず、明るい時間に外での行動は全て終わらせる日々を過ごしていた。

ある日をきっかけに少女の生活は一変する。

ある1人の男によって。

目次

この作品のキーワード
極道  恋愛  若頭  胸きゅん  冷徹