“命さんは、柔らかくて優しくて甘い”
と白羽は言う。
でもそれは……白羽に対して“だけ”


「命さん、ジッと見すぎです…」
「だって、可愛いんだもん!」

後日、外食中の二人。
ゆっくりお酒でも飲もうかということになり、居酒屋にいる。
座敷の個室で、いつものように命の足の間に座っている白羽。

酒に酔いやすい白羽。
一杯飲んだだけで、顔を真っ赤にしている。
そんなほてった白羽をひたすら見つめている、命。

「命さん、もっと飲んでください!
私は、食事しますので!」
「はぁーい!」

そして焼き鳥を食べ出した白羽。
ねぎまをお皿に器用に外し、玉ねぎだけお皿の端に寄せた。
そしてまた鶏肉を串に刺し、食べ始めた。
「………白羽、玉ねぎ食べないの?」
「へ!?た、食べますよ?」

「………」
目を泳がせる白羽をジッと見つめる、命。

「うー」
「嫌いなの?玉ねぎ」
「……はい…」
白羽が目を反らした。

「白羽」
「はい…」
「あーん!」
命が口を大きく開けた。

「え?」
「俺が食べてあげる!
だから、あーん!」
「命さん……はい、あーん」
白羽は箸で摘まんで、命の口に入れた。

「ん。美味しいよ?」
そう言って、微笑む命。
白羽も自然と笑顔になった。


「ふわぁぁぁ~」
しばらくすると、白羽があくびし始めた。
「白羽、眠い?」
「少し…」
「じゃあ…少し寝な?俺に身体を預けて?」
「はい…少しだけ……」
そう言って白羽は、そのまま命の胸にもたれかかり目を瞑った。

すぐに“スースー”と寝息が聞こえ、命は優しく微笑んで白羽の頭を撫でた。

白羽の寝息、命の煙草の煙を吐く音……
個室の中に、心地よい時間が流れていた。


すると突然、バン…!!と襖が開き、中年男性が入ってきた。
「神!!やっと、会えた!」
「………誰だ!?」

「神!申し訳ありません!!勝手に入ってきてしまって!!」
「クロ!今、白羽が寝てるの。
早く“コレ”を外に出して!」
「はい!
おい、早く出ていけ!
今、神は奥様とお食事中だ!」
黒崎が男の腕を引っ張り、個室から出そうとする。

「ちょっと待ってくれ!
神と話を━━━━━━っつ…!!か、神………!!?」

男が固まるのも無理はない。
それ程までに命の雰囲気が真っ黒で、鋭い瞳で睨みつけられていたからだ。