「しかもこの巻、ものすごくいいところで終わっているのですよ。本当にこの二人はどうなるの? と。しかも私の推しカプはもちろんロイティ。他も気になるところはたくさんありますが、とりあえずこの二人の行方だけをなんとか知りたい」

 ロイティとは、アイリーンの好きな月雲シリーズと呼ばれる小説に出てくる登場人物たちのことで、ロイドという男性教師とティムという男子生徒のコンビ。この二人が魔法を駆使して魔物と戦うというファンタジー恋愛小説なのだが、他にも恋愛を繰り広げる登場人物は何組かいる。そのなかでロイドとティムは公式。そしてアイリーンはその二人が大好き、ということのようだ。

 薄々お気づきたとは思うが、実はこの四人、男性同士の恋愛話が好きなご令嬢たち。ビーエルとはつまりBとL。ボーイズなラブと言われているもの。
 しかし、残念ながらこのプーランジェではそのような物語は存在しない。
 さらに、この世界にはビーエルという言葉は存在しない。隣国で確立されている分野は甘美小説と言われている。読むとうっとりとする気持ちから、そう呼ばれているらしい。それの中に、男性同士、女性同士の恋愛も含まれているのだ。その甘美小説の一つとして、アイリーンの好きな月雲シリーズと呼ばれるものがあった。