「今日は一緒にお風呂に入りましょうか、エマお嬢様」



・・・・・。


それはもう普通のトーンで言ってきた。


課題を終えて、ふぅと一息吐いて。

何をしようかなぁなんて考えながらも、ぎゅるるるる───と鳴ったお腹。



「……え?」


「俺と一緒にお風呂に入りましょう、と言ったんです」



時計の針は19時近い。

ダイニングテーブルに並んだ夕食は、色とりどりの食材で飾られたアクアパッツァ。


フォークにナイフ、スプーンにお皿。

物音すら立てずに並べた専属執事は、そんな爆弾発言を2度も落としてきた。



「お、お風呂って……、あの、裸で入るお湯のことだよ…?」


「えぇ。2人だとしても広さ的にも問題ないと思いますから」



いや大有りだっ!!!

広さ的ってことより、そもそも論があるよハヤセ…!!

その前に気にすることあるでしょ…!?



「裸だよ!?むりっ、だめっ!!」


「…どうして駄目なのですか?」


「っ、だ、だって…っ!」


「だって?」



あ、これわざとだ。

ハヤセの意地悪なところ。
こうやってわたしに言わせてくるの。