「ごめんねお姉ちゃんお待たせっ!あっ!早乙女!!」


「久しぶりエマ。早瀬さんも」



とある日の土曜日。


そこは柊 アリサと早乙女 燐が来るには少しだけ似合わないお店の前。

待ち合わせた時間より早く来ていた2人、少し遅れてしまったわたしとハヤセ。



「エマ、またお寝坊さんなんでしょう?」


「ちっ違うよ…!着ていく服を選んでたらねっ、遅れちゃった!」


「昨夜のロードショーを最後まで観てしまって寝るのが遅くなってしまったんです」



あーーーっ!!もうハヤセっ!

嘘も方便って言うんだよ!?

そんな何でもかんでも正直に生きればいいってわけじゃないのに…!!



「ははっ、エマは相変わらずだねぇ。アリサなんか楽しみ過ぎて朝の4時半に俺に電話───」



バチン───ッ!!


………え?

あのぅ、早乙女のほっぺた…凄まじい音で叩かれたんですけども。



「……痛すぎだろ。は?俺いま何かビンタされるようなこと言った?」



お姉ちゃんだ。
犯人はお姉ちゃんなのだ。

確かに早乙女はわたしのビンタより痛いって言ってたけど…。