「ハヤセっ!これ理沙がハワイに行ってきたお土産のジャム!今日はこれっ!」


「かしこまりました」



ごくありふれた朝。

ありふれた朝食風景、ありふれはしないイケメン執事。


パンにジャムを塗ってくれるハヤセ、瓶の蓋をパカッと───今日は手こずっているようだ。



「……」


「ハヤセ?わたしがやるっ!」


「…いえ、俺にお任せください」


「でも結構キツそうだよ…?」


「大丈夫です」



ぐぐぐっと、明らかに力を込めているエリート執事さん。

それでも開く感じがしない瓶の蓋。



「…ふざけんなよ、固すぎだろ」



わぁ、降臨させちゃってる。

まさか瓶の蓋が俺様ハヤセを引き出せちゃうなんて。



「エマお嬢様、今日はこちらのジャムにしましょうか」


「……うん」



食べたかったなぁ…。

ハワイ限定だっていうし、今日のパンだってジャムを楽しむようなものだ。



「やっぱり開けます、少々お待ちください」



ただ執事の作法的には瓶を割るという考えだけは絶対にしてはならないものらしく。

どうにかしてでも蓋を開けようと頑張るハヤセ。