「似合うっしょ」


前髪につけているヘアピンを指差しながら、片目を閉じてニッと笑う。


「ぎゃんかわ、嫁に欲しい」

「藤沢紫乃になっちゃう。仕事も家事もしなくてい?」

「毎日パンでもい?」


フジと抱き合いながらそんな会話をすると、たっつんがげえっと顔を青ざめる。
は? 解せぬ。


「それにしても赤組なのに青いピンかよー。オリちゃんもしかして青組の応援してる?」

「今世間で大流行中の差し色ファッションというやつにゃ」


フジの肩に顎を乗せて、ぼーっと目の前で行われている競技を眺めている秋音へ視線をうつす。


「……俺の髪とおそろい」

「!!」


その言葉の意味を理解したのか、秋音はバッと俺の方を見た。

ニッと口角を上げると、少しふてくされたようにわかりやすく口をとがらせる。


なぁ秋音よ、

お前は俺の事好きって言ったくれたけどサ。


俺も、キミのそういう素直でわかりやすくて真っ直ぐなとこ、好きだヨ。


心の中で俺がなんて思っているかなんて分かるはずもない秋音は、いつになく真面目な顔で俺を真っ直ぐ見つめてきていた。