「いただきまーす」

紫央が手をあわせて言い、ロールパンを頬張った。

「おいしいー」

おいしそうに食べるなあ、とわたしは感心する。

『ぼく、ここのパンが大好きなんだ』

紫央はそう言っていたけれど、まるで初めてその食べ物を口にした人みたいだ。

わたしは小さいころからパンばかり食べていたから、おいしいとは思っても、いちいちそんな風に感動できない。

紫央がうちに来て3日目になるけれど、素直な男の子だというのはわかった。

おいしい、嬉しい、楽しい。
思ったことをなんでも口にする。

居候だからといって気遣いなどどこにもなく、まるで自分の家みたいにくつろぐ。
そして寝たいときに寝る。

「どうしたの、蒼乃?」

キョトンと首をかしげる紫央に、どきりとした。

「……なんでもない。ごちそうさま」

わたしはそう言って、着替えるため自分の部屋に戻った。

「あの、ついてこないでくれる?」

「なんで?」

「……着替えるからっ!」

人に対して、こんなに声を張り上げるのは初めてかもしれない。

お母さんやお父さんにでさえ、こんな風に大声をだしたりしないのに。