その人は、十年ぶりに私の前に現れた。

幼い頃に遊んでくれた、兄の親友。

そして、私の初恋の人……。





※ こちらの関連作『これは、ふたりだけの秘密です』公開しました。
  あわせてお読みいただけたら嬉しいです!

あらすじ


兄が亡くなって久しぶりに我が家に帰ってきた私の前に、
兄の大親友だったあの人が姿を見せた。

「もしかして、優ちゃん?」

姿も声も、記憶の中から抜け出したようにあの頃のまま。

実らなかった初恋の痛みが、私の心にまだ残っているというのに……。

好評発売中

あらすじを見る
たった一人の兄を事故で亡くし悲しみに暮れていた優杏。それを救ってくれたのは、兄の親友で昔から憧れていた大手不動産会社の御曹司・煌斗だった。ある日、止むを得ない事情から彼の家で同居することに。しかも、周りに怪しまれないよう、彼は堂々の婚約宣言!驚きを隠せずにいるも、とんとん拍子で結婚話まで進んでしまう。入籍までは清い関係でいるはずが、ひょんなことから彼の独占欲を煽ってしまい…!?「今夜、君を俺のものにする」――むき出しの激愛で迫ってくる煌斗に、優杏の心はほだされていって…。
この作品のキーワード
初恋  再会  誤解  すれ違い