桧山美織(22)
miori hiyama

桧山匡(30)
hajime hiyama


『匡くん、大好き。大きくなったら私と結婚してくれる?』

私がそうプロポーズしたのは六歳の頃。
あの頃からずっと、私は匡さんだけが好きで、もちろん今だって大好きだ。

そんな相手と結婚できた私はもう十分幸せなんだし、匡さんからの愛情まで求めたら罰があたる。
結婚してからずっと、そう思って自分を律してきたのに。

「心配しなくても離すつもりはない」
「強引にして悪かった」

匡さんがたまに見せる優しさに、心が欲張りになる。






2022.4.7 完結公開



あらすじ

木下美織は、八歳年上の幼馴染、桧山匡と結婚し新婚生活を開始する。幼い頃から想いを寄せていた匡と結婚できただけで満足だと自分に言い聞かせてきたけれど、そのうちに匡から想い返してほしいと望むように。そんな矢先、匡に女性の影が見え始め、不信感を抱いた美織は匡への盲目的想いをひとつひとつ見直していく。たどり着いた答えは――。

「ひどいです。匡さん」
すべてを知りそう責めた美織に、匡は――。

この作品のキーワード
許嫁  新婚  妊娠  溺愛  政略結婚  一途