「瑠衣、旦那さんは大丈夫だった?」

晴臣との電話を終えて戻ると、既にグラスを半分にした那々が問いかけて来た。

「うん、今日飲みに行くって知らなかったみたいで驚いてたけど」

「伝えてなかったの?」

「少し前に言ったんだけど、忘れてたみたい」

席につき、瑠衣は少し氷の溶けたレモンサワーを飲む。

「男の人ってそういうところあるよね」

「そういうところ?」

「妻とか彼女はいつでも家にいると思い込んでる」

「そうなの?」

そんな話は初めて聞いた。でも確かに夫は瑠衣が家にいないと驚くようだ。

居て当たり前の存在。

(前向きに捕らえると信頼されているってことなのかな)