「他に好きな人が出来たから、もう別れて欲しい」



え……。突然彼氏に言われたその言葉たち。私の頭は思考停止して、今は何も考えることが出来ない。



「ど、どうして?」



「どうしてって…、もうお前のこと好きじゃなくなったからだよ」



その言葉に、またも思考が停止する。お前って、初めて言われた。いつも優しく私の名前を読んでくれていた彼はもう、そこにはいなかった。



「私にどこか嫌なところでもあった?もしそうだったとしたら直すから、だから…」



「そんなんじゃねぇよ。もうお前のこと嫌いなの。だから別れて」



思わず、俯いていた顔を上げた。そこにはひどく冷たい顔をした私の彼氏だった人がいた。泣きそうだった。でも泣いたら、私が負けたみたいで。



「う、ん」



そう頷いていた。



大好きだった人。かっこよくて、優しかった自慢の彼氏。でももう、終わりなんだ。こんな感じで恋というものは終わるのか、となんだか泣きたい気持ちになったが我慢した。



そうしないと私は"かわいそうな"女の子になってしまう。それだけは嫌だった。



その日は雨が降っていた。その空模様は私の今の心を表してくれているようだった。