-薄幸の人妻は妖しき鬼の愛を知る-

家族に愛されず育った紗栄(さえ)は、家から追い出されるように華村家の後妻として嫁入りする。
紗栄の夫となった華村 洋蔵(はなむら ようぞう)は紗栄よりも二回りは年上で、鉄鋼業で栄える実業家。紗栄は夫から愛されなくてもせめて子どもさえできたら……と考えていたが、洋蔵は自らが請け出した妾の梅(うめ)に夢中。2人の夫婦としての生活は結婚した初夜の時だけだった。
紗栄はある時、梅に用事を押し付けられて外出した時、帝国軍に所属する鬼頭 佑(きとう たすく)と出会う。鬼頭は実は鬼の末裔であり、帝国軍の妖鬼隊の軍人。鬼頭と触れ合ううちに、今まで感じたことのないような胸の高鳴りを覚えるようになる。
鬼頭は実は鬼の末裔であり、帝国軍の妖鬼隊の軍人。

そしてある晩、二人きりになった時に鬼頭は紗栄を押し倒し、囁く。

「俺ならあなたを幸せにすることができる」

あらすじ




軍人×愛されなかった人妻

鬼×人


誰にも打ち明けられない秘密の恋が始まる。

目次

この作品のキーワード
恋愛  人妻  軍人  あやかし  不倫  溺愛  シークレットベビー  妊娠  和風ファンタジー