「マリエーヌ、愛しているよ」

この公爵家に嫁いできてから、私は公爵様に無視され、使用人達からも冷遇されてきた。

それなのに、ある日を境に公爵様からとめどなく溺愛される日々が始まった。

公爵様。

一体あなたに何があったのでしょうか?


※このお話は「小説家になろう」にも掲載されている『昨日まで名前も呼んでくれなかった公爵様が、急に「愛してる」と言って溺愛してくるのですが、一体何があったのでしょう?』と同じ内容です。

あらすじ

「マリエーヌ! マリエーヌ! どこにいるんだ!?」

三日前から原因不明の高熱で寝込んでいた公爵様が、必死になって私を探している。

でもなんで?
昨日まで、公爵様に名前を呼ばれた事なんて一度も無かったのに

この公爵家に嫁いできてから、私は公爵様に無視され、使用人達からも冷遇されてきた。
それなのに、この日を境に、公爵様からとめどなく溺愛される日々が始まった。

この作品のキーワード
異世界恋愛  シリアス  切ない  溺愛  男性視点あり  ざまぁ  ハッピーエンド