高野先生と親しくさせてもらえるようになってから――

私には劇的に変わったことが一つある。

それはケータイの使用頻度と端末への愛着だった。


先生とのメールのやりとりは当然のように毎日続いている。

先生のメールには、相変わらず絵文字がまったくなく……。

だけどやっぱり必ず1日1枚は写真が添付されていた。


私からのメールは基本的に申し訳程度の絵文字が入る程度の地味なもので。

写真は気の利いたものが撮れる訳もなく、結局添付していなかった。

ごくたまに、デコメールなんて送ったりすると――

先生はとても珍しがって、妙なテンションで?喜んでくれたりして。


私のケータイはもう――

受信箱も送信箱も画像をしまうフォルダも高野先生でいーっぱい!

なんというか、先生だらけの先生まみれ?みたいな。