あなたを見ていると

あなたの声が聞こえると

きゅんって心がちょっと苦しくなって

あたしのほっぺたは

あの日の祭りで売っていた

りんごあめのように

赤く染まる


そんなあたしにあなたは言った


『りんごあめみたいなほっぺ』



甘酸っぱくてちょっぴり切ない夏の小さな恋物語!


*************

暇な時などに読んでもらえたら嬉しいですっ

*************