土日フルでバイトのあたしに。


「そうだった。学生は土日にバイトするんだな」


つぶやく尊さんに車で送り迎えしてもらう。




いつも通りにせっせと働いて。

バイトを上がって、同じようにご飯を食べて部屋に戻る。


何だかこんな生活が板についてきた気分。





ソファに腰掛けて、ノートパソコンを覗き込みながら。

尊さんはふと思い出したように切り出した。


「今後の件だけどな」

「……うん」


「普通は未成年は親の承諾なしに部屋借りることはできないんだけど」

「うん」


「親の承諾を得た、と言ってしまって部屋借りるという手もあるみたいだな。

まぁ邪道だけど。実際そういう例はある」

この作品のキーワード
純愛  三角関係  心の成長  切ない  親子関係  年上  じれじれ