編集部からのお知らせ

「ふたつの指輪」キサキレオナ/著  感想ノート

ひとことでも書いてくださるとうれしいです。

  • ☆run☆さま
    おっと、こっちまで読んでくださったんですね!嬉しいです。
    どれが一番面白かったですか?(ドキドキ

    尊の件は……(笑)登場人物を愛するといぢめたくなるので(プ)鷹耶とかもそうですけどw
    瞳衣はきっと一途なんですよ。多分。あと、母性が強いのかも。
    でも、あの立場なら私も同じ選択をしていたかもなぁなんて思います。

    ご感想ありがとうございました!

    キサキレオナ   2009/10/29 14:49

  • こんばんは!!
    レオナさんの作品読むの、これが3つ目です!

    なんか、読むたび読むたび全然違う感じで、ほんと新鮮ですっ!レオナさん天才!!

    後半、尊さん目線の話で、こんなこと思ってたんだー!なんて思って、尊さんの葛藤に、少し笑っちゃいましたw

    あと、瞳衣ちゃんが魁人に駆け寄るシーン、あれは正直驚きました。
    てっきりそのまま尊さんと一緒になるのかと思ってたから・・・。
    まさに「そっちか――いッ!」ですねっ!!

    番外編もあるみたいなので、そっちも覗きにいってみます!

    ☆run☆   2009/10/25 02:16

  • 花丘きよさま
    初めまして!すばらしいご感想ありがとうございました。

    そうなんです。
    実は、細かい違いはあれど、皆の持ってる悩み苦しみって根っこは似たようなところにあると思います。親のことに限らず。
    そして、きよさまのおっしゃる通り、みんな心のどこかで気づいていながら直視していなかったりする。

    まずはそこを恐れずに直視するところから、すべては始まるのだと思います。ごまかさず、言い訳をせず、人のせいにせず、まっすぐみつめるところから。

    「気づき」が起こるときには痛みはあれど、それは解放へ向かう前向きな痛みなのだと思います。
    それは、閉じた世界でもがいている痛みとはまるで違うもの。

    この物語が、尊が、皆さんのそんな「気づき」のきっかけになればと思って書いたので、お言葉のすべてがものすごく嬉しかったです。
    ありがとうございました(__)

    キサキレオナ   2009/09/16 09:14

  • はじめまして。
    読ませていただきました。
    瞳衣の、親との関係や、親に対する意識、まるで自分のことがそのまま書いてあるようで、驚きました。

    なので、尊の言葉がすごく、胸に響いて。

    一枚一枚、心の厚い殻が剥がれ落ちていくというか。
    ああ、そうなんだな…って。納得すればするほど、悲しいのに嬉しくて。

    たくさんの“真実”を、本当はずっと前からわかっていたのに認めたくなくて、必死に否定し続けていたんだってことにも気付いて。

    …泣きそうになりました。


    ……この作品に出会えたのは、実はある方からの紹介なんですが、本当に、出会えてよかったです。

    またひとつ、未来に希望が持てる気がします。


    ありがとうございました。

    花丘きよ   2009/09/13 20:20

  • なんかすっごいレビューがついてる……
    瑠璃嵐さん!ありがとうございます。書いてよかったです。

    キサキレオナ   2009/09/03 21:42

>>全て見る