「おまたせ!ごめんね!」

そらの声にうみとドルイドが手をひらひらとさせながらおはよう、と挨拶をしてきた。ふと、うみたちの手に小さな何かがいるのに気づく。

「ね、それ何?」

うみの手には、小さなねずみのようなものが、ドルイドの手には小さな羽のついたぶたのようなものがいる。

「昨日、うみと2人で契約したんだよ。な?」

ドルイドが得意げに言うと、うみもあぁ、と大きく頷いた。

「先輩達に教えてもらってさ。今、アッシュも契約してるところだ」

うみに言われて、アッシュの方を見ると、なにやら呪文を唱えて、魔方陣の前に手をかざしていた。

「-----コントラクト」

アッシュの言葉に反応するかの様に、魔方陣が光りだす。ボッと青い炎が、魔方陣の中心でともったかと思うと、小さな蛇が姿を現した。

「おぉ!可愛いな、そいつ!なんて名前なんだ?」

真っ白な細くて小さな蛇を、うみが覗き込むと、蛇は驚いてアッシュの腕をつたい、肩の方へと逃げていく。

「もう、パールがびっくりしてるじゃない。驚かさないであげてよね」

くすくすと笑いながら、アッシュがパールを撫でると、パールはくりっとした目を細めてアッシュにすりよってきた。

「いいなぁ、可愛い!」

そらが羨ましそうに言うと、うみがそらもやってみれば?と勧めてきた。やってみたい気持ちは大きいのだが、自分では成功しないのではないかと、そう思うと少し躊躇われた。

「とにかく、何事もやってみねーとわかんないって!ほらほら」

うみが簡単に呪文を教えてくれる。そらはそれをふんふんと聞くと、魔方陣の前に座って、魔方陣に手をかざした。

この作品のキーワード
魔法  七不思議  学園  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。