ソファで膝を抱えながら、ぼんやりと色々考えていると
傍らに置いていた携帯がメールの受信を知らせる。

こんな夜遅くに誰?
メールを開くと。

聡からだった。

『今晩はお疲れ様でした。
無事に帰ってますか?
今日言った事は全部本当の気持ちです。
本当は今日も二次会なんて行かずに俺が送って行きたかったです。
そうできるよう、頑張ります。

信じてくれてないかもしれませんが、俺は本気です。

おやすみなさい』

聡と杏奈かあ。

真剣に杏奈への気持ちを聞かされて、その気持ちを疑うなんて事はないけど…。

杏奈は、結婚して主婦になりたい24歳。
聡は入社してすぐの22歳。
単に付き合うだけならまだしも、杏奈の結婚へむかう気持ちが入ってくると難しいんじゃないかな…。

う~ん、と軽く溜息をついてソファに横になると、メールの返信どうしようと思いながらも、眠気には勝てず、ゆっくりと瞼が落ちていった。