「なぁ、姫子。」

「何……康一…」

「…愛してるよッ」

いつも、こう。
本当の"愛"でないと分かっていても、
つい委ねてしまう"体"。

愛されていないと分かっていても、反応してしまう"体"…。


この関係、いつまで続くの…――。


ジュナ☆、2回目の小説です。
こちらもどうぞよろしく。


PV1000超え!!!これも読んで下さる皆さんのおかげです☆
ありがとうございます。

これからも何せよろしくおねがいします。