「んもー比奈ってば欠伸ばっか」



呆れ顔なセリはそう言って私のお弁当のウインナーをさらっていった。



「眠い…」



外でゴハンを食べているせいか今日は暖かく眠気を誘う。



そして日差しの中でかいあくびをまた一つ。



昨日帰って来たの夜中だったし。


全然寝れなかったんだよね…


「なぁー今日久しぶりに遊ばね?」



突然崇がそんな事を言ってきた。



「うん!それいいー」



セリも乗り気とはしゃぐ。


「比奈もだよ!」


えっ?私も?


きょとんとしていると



「恋也先輩いない日だからこそ遊ばなきゃ!!」



そうなのだ。


私は眠い中ちゃんと起きて学校に来たってのに

あいつは早々と早退しちゃったんだから!

この作品のキーワード
飴玉  泣き虫  おまじない  自転車  ココア  ひよこ  意地悪  悪魔  幼なじみ