車を確認して、すぐに乗り込む。

車内の匂いと、アキヒロの匂い。

無意識に、安心する。


「…クミはどうしたいの?」

『産み…たい。』


この時のあたしには、"産みたい"しかなかった。
それ以外考えてなかったから。


「でも…学校は?」

『辞めるしかないでしょ。』

「お前が産むって言うなら、俺は出稼ぎ行くよ。」







『…う…ん』




逃げるんだ-…?


一気に怖くなった。

この作品のキーワード
浮気  実話  妊娠  切ない  浮気男  17歳  自傷  偽り  別れ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。