マリーは幸せな生活を突如壊されてしまう。


わけも分からないままに突き付けられたのは、想像もしていなかった自らの運命。


「…私が伝承に伝えられし者…?」


そして愛する人を救うため、マリーはその運命に立ち向かっていく。


伝承でしかなかった物語が、今始まる。


*****


恋愛ファンタジー小説です☆

まだまだ序盤ですが、少しずつ物語が動き始めました^^

楽しんでいただければ幸いです(*^^)v

この作品のキーワード
伝説  王女    運命  恋愛