私は障害持ち、

彼はいわゆるオタクー

しかも相当変でした。