また、逢えるなら
きっとこの季節なんだろう。

凍てつく冬。




君が、いなくなった季節

この作品のキーワード
  短編  恋愛  死別