1102号室のドアの前に立ち、俺はインターフォンを押した。


 そしてそのモニターに、わざと俺の姿が映るように立った。


 束の間の沈黙の後、


「今開ける。」


 と、最近では聞き慣れてしまったあの声が一言、インターフォン越しに告げた。


 間もなくして、開錠の音がやたら響き、ゆっくりドアが開け放たれた。


「よくここがわかったな。」


 兄貴は困惑も、動揺すら見せず、不適な笑みを浮かべてそう言った。