AM8:13


聖のマンションへ到着。

来客用の駐車場で待っていると2分後に聖は現れた。


寝起きが悪かったのか不機嫌そうな顔をしている。


「おはようございます」


車から出て礼をしながら挨拶をしてみるが、返ってくる挨拶は重たいものだった。


「……はよう」


こういう時のために、秘書である私が聖の運転手も務めているのだ。

この作品のキーワード
腹黒    温もり  感情の変化  許婚  番外編  短編  秘書  日常  心境