PM2:00


少し遅めの昼食となり私的には少々不満だが仕事が絡んでいる以上、仕方が無い。


「やっぱり会社近くで食べるそばとは全く違うな」

「そうですね、そばの風味が違います」

「今度、明も連れてくるか」

「えぇ、いいと思いますよ」


聖はよく明様の話をする。


聖が女性と付き合うのは今まで何度も見てきたが……

これほど彼女、いや、明様は妻に当たるが、女性のことを気にする聖は初めてだ。



この作品のキーワード
腹黒    温もり  感情の変化  許婚  番外編  短編  秘書  日常  心境