PM11:30


夕食を終え、一通り仕事のまとめもできたので風呂に入ることにする。

朝は体を目覚めさせるために浴びるシャワーだが、夜は湯船に浸かる。


「にゃぁ」


書斎から出てきた私に駆け寄ってくる猫。


「お前も入るか?」


何も言わず私の後ろを歩いていたが、水の匂いでもしたのか、

風呂場へ近づくとそっぽを向いてリビングへ行ってしまった。


「大量の水は苦手なのか……」


残念そうに去って行く背中が、子猫だというのになんとも哀愁を感じる。

思わずクスリと笑いが漏れてしまった。


この作品のキーワード
腹黒    温もり  感情の変化  許婚  番外編  短編  秘書  日常  心境