しかし、ドニはすぐに気づいた。


この女性は、ドロシーだと。


いくら髪をブロンドから黒髪に変えようとも、勝ち誇った笑みから優しげな微笑みにしようとも、その体から溢れる魔力は明らかにドロシーのものであった。


けれども、度重なる呪いで疲れ果てたラディアンには、それを見抜くことができなかった。

虚ろな目でドロシーを見つめ、ぼんやりと呟いた。


「……ナーベル」


ドニは目を見張った。


ドロシーは一瞬いつもの勝ち誇った笑みを浮かべたが、すぐにもとに戻し、嬉しそうに頷いた。


「そうよ、ナーベルよ。会いたかったわ、ラディアン!」


そう言ってゆっくりとこちらに近づいてきて、ドニは焦ってラディアンの肩を強く揺すった。


「だめです、ラディアン様!あれはドロシーです!騙されてはいけません!」


ドニは必死で叫んだが、ラディアンの耳にはとうとう届かなかった。


ぼんやりとした目のまま、近づいてくるドロシーに手を伸ばし―――


「ラディアン様!!」




ラディアンはドロシーの手を、取ってしまった。




ドニは愕然とした。


ラディアンはドロシーの策略に嵌り、呪いに堕ちてしまったのだ。

もう自分には、どうやってもラディアンを助けることができない……


ドロシーがラディアンを連れ去っていくのを、黙って見ていることしかできなかった。


この作品のキーワード
魔女  魔法  花嫁  記憶喪失  ファンタジー  再会  精霊  偽装結婚  秘密  魔法使い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。