その女の子は、一人で小川で遊んでいた。

父に自分で見つけるように言われたラディアンは、村中を探しまわってやっと見つけた女の子の姿に、嬉しさにまかせて駆けよった。


「だあれ?」


人の気配に振り返った女の子は、ラディアンを見て首を傾げた。

見たこともない男の子だったからだ。


じっと見つめてくる女の子にラディアンは緊張したが、勇気を振り絞って声を出した。


「僕はラディアン。君は?」


女の子は一瞬きょとんとしてから、

「ナーベルよ」

と答えた。


「何をしてるの?」


ラディアンは靴を脱いで、小川の中に入っているナーベルの隣に並んだ。

ナーベルはにっこりと笑った。


「今日はね、かえるの結婚式、なの」

「かえるの?」

「そうよ」


見れば、二匹のかえるが仲良さげに小川の淵で跳ねている。


「だから私、お祝いしてるの。幸せになりますようにって」


そう言って足下を流れていく水を少し手ですくいとり、空に向かって勢いよく放った。


キラキラ光る水の粒が、祝福するように二匹のかえるに降り注ぐ。


「わあ」


ラディアンは思わず声をあげた。

彼女のお祝いが、魔法をかけたときのように美しかったからだ。


やがて、かえるはぴょこぴょこと跳ねて二人から離れていった。


「あの二匹、幸せになるといいな」


ナーベルがラディアンに笑顔で言った。



その笑顔が、眩しかった。



この作品のキーワード
魔女  魔法  花嫁  記憶喪失  ファンタジー  再会  精霊  偽装結婚  秘密  魔法使い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。