「どうかしら?」


首を傾げて尋ねるナーベルに、ジェイクは手のひらを握ったり開いたりしながら答えた。


「どうって……力が回復したみたいだ。お前、何したんだ?」


唖然とするジェイクに、ナーベルはふふんと腰に手をやり胸をそらせた。


「何って、花の力よ。フィオーレに教わったの。まだ完璧ではないんだけど……リスが生気で元気になるのなら、精霊はこの力を与えたらどうなるかしらって、思ってやってみたの」


そう言って、実験台にしちゃってごめんね、と謝った。


「でも、もしかしたらこれでフィオーレも目を覚ましてくれるかもしれないわ。ジェイク、フィオーレのところへ行って試してみましょう」


ナーベルはくるりと方向転換し、まさに今来た道を戻っていった。


「あ、ああ……」


ジェイクは驚きつつも、フィオーレが目を覚ましてくれるかもしれないことに期待を覚え、駆け出すナーベルのあとを追った。



この作品のキーワード
魔女  魔法  花嫁  記憶喪失  ファンタジー  再会  精霊  偽装結婚  秘密  魔法使い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。