「そろそろ帰らないと日が沈むわね」


空を見上げればまだ日はあるものの、ここは森の奥深い場所。

まだ時間はあると思って油断をしていれば痛い目を見るのだ。

いつの日か今日の日のように食料を探しに森に入ったが、思いの他森の奥深くまで入ってしまったことがあった。

帰る頃には日が沈んでいて、灯りも持たずに森に入ったために森で一夜を過ごした。

昼の温かさが嘘のように寒くなる夜の森。

灯り一つない孤独なあの夜を思って、ぶるっと身ぶるいを起こし、切り上げる決断をした。





それに…―――――



「お母様やお姉様も心配なさるだろうし帰りましょう」


そんな心にもないことを思いながら家への帰路についた。