--ラックと組んでから数週間がたった。


私は相変わらず単独の任務をこなしている。



また変わらない日々。



変わったことといえば今日から新しい副担任が来るということ。

なんでも前のが病気で入院するらしい。


だからクラスでは朝から騒がしい。



まぁ私には関係ないけど…








“ガラガラッ”



「お前らー!席つけよ」


担任がやってきた。





くだらない…



私は窓の外を眺めていた。





「え~。みんなも知っていると思うが、新しい副担任の先生を紹介する。山岸先生」




そして副担任らしき人が教室に入ったと思ったら…





「「「キャーーー!!!!!」」」


女子が叫んだ。




うるさい…


思わず、眉間にシワがよる。




周りの女子はキャッキャ言いながら騒いでいる。


男子は、この状況につまらなそうに前をみている。




この反応は男なのかしら?



眠たいけど、あくびをするのを我慢して、ふと前を見た。





・・・・えっ・・・




滅多に何も思わない私が一瞬、固まった。



見間違いかと思ったけど違う。




そこには・・・・



目線の先には・・・




「えぇ~…、今日からこのクラスの副担任の山岸 聖先生だ」




あの夜、一緒に仕事をした“ラック”がいた。



格好はあの時と真逆のような格好だけど、まぎれもなく

“ラック”だった。







どうしてここに--?

この作品のキーワード
殺し屋  高校生  教師      花言葉  パートナー    孤独   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。