少し腑に落ちない気持ちを抱えながら夜になった。








―――――――――――
――――――――――



ラックこと山岸に言われた言葉が頭に残る。





『友達とかいないわけ?』






いらないよ、そんなの。


友達関係なんて上っ面だけで無駄なんだ。

信じられるのは自分と……




「月乃!」


店の前に来ると後ろから山岸が走ってきた。






「どうした?入らないのか?」



「入る」



さっき…山岸に名前を呼ばれたときに妙な感じはなんだろう?






「おっ!2人一緒に来たのか。いつのまにそんな関係になったんだ?」


冷さんが面白そうに冷やかしてきた。






「そこで会っただけですよ。それよりも仕事を」


この作品のキーワード
殺し屋  高校生  教師      花言葉  パートナー    孤独   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。