全く仕事が手に付かない……。





先週見たかれんちゃんの泣き顔が頭から離れなくて、ボンヤリしてしまい社員に心配される始末。





大袈裟なのはわかってるけど、大罪を犯してしまったかのような気持ちになり、物凄い罪悪感が襲ってくる。





すぐにでも電話して謝ればよかったんだけど、すぐに切られてしまいそうだし“ごめん”と言う言葉だけじゃ薄っぺらく思えて掛けられずにいる。





それに、こういう事は電話じゃなくて直接会って謝罪するのが普通だと思うんだけど……どうしようか。





「そんな顔してどうした?」


「あ…三井さん。」





またボンヤリして食事に手をつけていなかったらしい。





心配そうに、顔を覗き込む三井さんがいた。





「実は、ちょっとやらかしちゃいまして。」


「珍しい……仕事で?」


「いや、仕事じゃなくて……。」


「ん?あーあー!かれんちゃんか。ゆっくり行けばいいよ。そのうち馴染んでくれると思うし。俺も最近、目を合わせてくれるようになったんだよ。」


「三井さん?」





何を言ってるのかサッパリわからない。




この作品のキーワード
甘々  お見合い  少女  課長  泣き虫  高校生  ラブラブ  結婚  狂愛