「では、また後でお伺いいたします。失礼します。」





美味いと評判のたこ焼き屋に着き、座敷に案内してもらった。





メニューが豊富で仕事帰りなんか、満席だしお持ち帰りでも行列が出来るほどだけど、今日はポツポツ空席があった。





「どれが食べたい?」


「種類がたくさんありますねっ。悩んじゃいますー。」





メニューを開き、2人で覗き込むが確かに種類が沢山あって選び難い。





「オススメはありますか?」


「んー…やっぱりソースは美味しいし、チーズや塩も美味しいよ。」


「それが食べたいです。」


「他はどれがいい?」


「明太子も気になるんです。」


「じゃあ、それも頼もうね。」





店員さんを呼んで、ソース、チーズと塩、明太子と醤油を頼んだ。




「醤油って、たこ焼きソースが醤油なんですか?」


「そうだよ。僕も最近食べたんだけど、美味しかったんだよ。」


「ふふっ、楽しみですっ。」





頼み過ぎたかなと思ったけど、2人で食べるしかれんちゃんがお腹一杯になっても僕が食べるから大丈夫。





注文した後は学校生活の事を聞いていた。




この作品のキーワード
甘々  お見合い  少女  課長  泣き虫  高校生  ラブラブ  結婚  狂愛