「でも悪いよ~」


私は遠慮するように言う。
元々は私の仕事なのに無関係な人を手伝わせるなんて…
永井君だけでも気が引けるのに…




「香ちゃん、お願い……ね?」


顔の前で手を合わせて首を傾げた梨華ちゃん。



目はパッチリ開いたまま私をジッと見ていた。


「協力して~」


目がそう訴えてる気がして「う…ん…」と遠慮がちに返事をした。



「わ~い!じゃあ何やれば良いかな?」

嬉しそうにカウンターへ向かう梨華ちゃんを追って、私もカウンターへ向かう。


本棚に仕舞う為、側に置いてあった本を持ち上げれば、すぐに横から取られてしまった。


「これは俺の仕事」


そう言った永井君は、苦笑いをしながら本を仕舞いに行った。



図書委員の仕事中、梨華ちゃんは嬉しそうに仕事をして、時々永井君に話掛けたり、永井君を目で追い掛けてたりしてたけど、
永井君は私たちにいつも通りの笑顔で話してくれたものの、フッと寂しそうな顔をする時があった。


 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか