俺の頭を軽く叩いてジュンヤは、すたすた歩いてく。




俺は、




「よし! 飲みまくるぞ!」




叫びながらジュンヤの後を追った。








薄暗かった空が、少しずつ明るくなっていく。




もうすぐ朝だ。