しばらく話した後、みんな走りに行った




―――私と和弥を残して。




「なぁ凜、…怒ってんの?」


「………」




せっかくの合同集会なのに、私はバイクを運転する気分にならなくて、ずっと座ってた。



和弥も気をつかって、私の隣から離れない――




別に怒ってるわけでもないけど、なんか複雑……




「な。俺達も走りに行こうぜ?」




口を尖らせて和弥を見ると、困ったように笑いながら私の頭に触れた。


まぁ、ずっとここに座るわけにもいかなくて




「……わかった」



私と和弥も走りに出ることにした。




もちろん私のバイク――


和弥が運転して、私が後ろ。


私は素直に後ろに跨がって、和弥の背中に体重を預けた。

この作品のキーワード
暴走族  俺様  地味  総長  高校生  先輩  秘密  喧嘩  イケメン  ピンク15 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。