出張先のN県で捨てられたマネキン人形を見つけた月と太陽のコンビ。

しかしそれは事件の序章に過ぎなかった。

なぜなら、その現場近くで地元老人の遺体が発見されたからだ。

捜査が開始され、月と太陽のコンビにも捜査協力の依頼がくる。

再びN県に向かう達郎がつぶやいた言葉。


それは「人形はなぜ捨てられたのか?」



短編ミステリー
シリーズ第15弾

この作品のキーワード
ミステリー  推理小説 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。