**********



次の日、遅刻ギリギリで学校に行くと、そこはカオスでした。


校門を通って、下駄箱に行くと


「ニャーニャー、ニャー」
「ミー、ミー」

『……ええぇえ』


大量の猫が下駄箱の前にいた。

え、ちょ…、え?


「ニッ!?フシャー!!」
「ナァー!!フシャー!!」

『ちょ、喧嘩しないでよ』


猫が何かを取り合って喧嘩してる。

……枝?


はた、と気付いて私の下駄箱を見れば、木の枝がギッシリ詰まっていた。


あれ、でも猫が取り合ってる=猫の好物=マタタビ…?

え、じゃあ私の下駄箱に詰まってるのって


『マタタビ…なの?』



な ん の 嫌 が ら せ だ




この作品のキーワード
男装  男子校  黒猫  魔女  猫気質  最強  不良  ピンク13 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。