犬を拾った。


それもまぁ、綺麗な。



静かな夜の公園に

野良のアンタは

ひとり 飼い主を探していた。



「僕、泊まるとこ、ないの。

今晩だけ…泊めて?」



栗色の髪に 凛とした瞳。

そう言いながら

目を潤ませる仔犬(人)に負け、

渋々 家に連れ帰った





……のが間違いだった。





――家に着けば。



「当然、ご褒美のチューは
口に…でしょ?」


「なぁ、もう無理。

サキ食べていい?」




その正体は、

かわいらしい
仔犬の皮を被った
"狼"だった。




「近づかないで」


「紗希がチューしてくれたらね♪」


「――…っこのエロ犬ッ!!」





×強引俺様ドS狼×

VS

×美人冷酷ご主人×




平和な一人暮らしに訪れた

狼との甘々バトル!?





羨ましいなんて
言わせないッ!




この作品のキーワード
仔犬    一人暮らし  二重人格  マンション  俺様  強引  公園