若くして生きることに飽きた少年、
堂島慎也。
彼は理想の死に方を求め、死ぬための計画を積み立てていく。

理想の死に方を模索する彼に、
訪れる結末とは――?