「どういうことなの?」
「な、何が……」
コワい……。
めっちゃコワい……。
「決まってんでしょ?!梓くんとの関係よ!!」
そう言って、梨々子は梓を指さす。
人に向かって指さしちゃダメですよー…。
「ですよね……。」
私は苦笑いして梓の方を見た。
梓っ、助けてよー!
そんな思いで見つめるが、
梓は私を無視してケータイをいじっている。
今ケータイどーでもいいだろっ!
私が困ってんだよ!
「寿花。早く言いなさいよ。」
梨々子が低ーい声で言う。
それにうんうんと頷く女の子達。
ひー!すごい団結力!アッパレです!
「いや、あの、えとー…それは、ですねぇ……」
私が言うのをためらっていると…
「一緒に住んでんだよ。」