美穂から返信がきた。


『賞味期限なんて、あってないようなもの』


美穂らしい豪胆にして端的な返事。


「ほんとに大丈夫かなぁ」


私はちょうど一年前の日付が刻印されたダイエットドリンクの箱をしげしげ眺めた。


中の説明書を読んでみる。


通常の食事、一食か二食の代わりにこれを水に溶いて飲むよう書いてある。


少なくとも一食はバランスのとれた普通の食事をとるよう注意書きもされていた。


けど、美穂は三食、これですませろと言った。


あとは水でしのげ、と。


い、いいのかな……。



この作品のキーワード
ホスト  客室乗務員  キャビン  アテンダント  腐女子  片思い  同性愛  美形  ラブコメ  セレブ