柊は笑顔。


さっきの雰囲気とは少し違う。


「ああ・・・さんきゅ」


コイツ、同学年か?


・・・関わるのはマズい気がする。


「じゃあな」


早く戻ろう・・・・。


去ろうとしたら腕を引っ張られた。