――――――――――
―――――

「莱華!一緒に遊ぼう?」

「うん!何して遊ぶ?」

「えっとね…………
…………の歌は?」

「いいよ!手を繋いで………」――――

「…ぅ……ここどこ?!」

目が覚めたら
まるっきり田舎だった


私は昨日蝶を見つけて…
必死に追いかけてあの神社に
止まったから触れようと……
……



「ま、まさかっ!!
タイムスリップをしたのか?」


この作品のキーワード
新撰組  トリップ  双子  ファンタジー  幕末  歴史  再会