先生が初めてあたしの家に来たのは、夏休みがあと少しで終わるという頃だった。



この日、夕方に先生から電話で呼び出されいつもの場所へと会いにいった。



先生の白い車を見つけるなり、ノックをしてドアを開けた。





「雨、すごいね」





あたしはなんてない言葉を口にしながら助手席に乗り込んだ。





この作品のキーワード
先生  教師  生徒  切ない  愛人  不倫  禁断  秘密  契約  イケメン